アマチュア ビデオクラブ 大阪ムービーサークル

 

Osaka Movie Circle since1937

2019

01 新年ごあいさつ

02 総会、年度賞、新年会

03 合原・関 映像リサイタル

04 OMCニュースの再考

 OMCニュースの目的と意義について再考

ネット時代ではなかった以前は、紙によるニュースが随一の広報であり記録でした。全会員のうち毎回例会に出席される方は6割位、残りは会報で会の活動を知るわけです。又、会報は完全に内向けで外部へ発信することは考えていませんでした。ネット時代になり紙による広報に代わってメール便やインターネット等により会員諸氏は勿論、会員以外の広く一般の方々へも発信できる可能性が出てきました。こうなるとOMCニュースのあり方も見直さざるを得ません。

 

 合原・関 二人の映像リサイタル

6月8日(土)に朝日生命ホールで計画されている「合原、関二人の映像リサイタル」のプログラム編成が決 まりました。共に作風が違う二人のコラボレーションは、観客を飽きさせることなく楽しんでいただ けるものと思っております。

 

 総会、年度賞、新年会

2019 平成31年1月17日、第2例会の後に総会と年度賞の授与を行いました。

年度最優秀賞に河口禮志さん「人形浄瑠璃に生きる」

年度優秀賞に中村幸子さん「あれから、7年」

通常例会最多出品賞、12回:江村さん、進藤さん、高瀬さん、華岡さん

11回:紙本さん、10回:中川さん、山本さん

総会後は新年会を開催いたしました。

 

 新年ごあいさつ

平成時代も今年4月末日で終わり5月1日からは新しい元号がはじまります。

思えば私たち大阪ムービー サークル会員は、昭和を生き、平成の時代を乗り越えてきました。この際あたらし い風を呼び起こすことをねらって、副会長に「岡本至弘」氏と「進藤信男」氏の二人副会長で運営をリード して頂くことにしました。

岡本氏には企画を中心に全般的に、進藤氏には事務局の仕事を主に役割を把って 頂きます。                          会長 合原一夫

カウンター